読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

カード会社もカード使用者も信用が大切

今日は、バイトしている最中にすっかりHTMLとCSSに集中してしまいましたとさ。本当に給料泥棒です。バイト先の皆様、私を甘やかしすぎです。その後学校に行きました。 金曜日実験結果の発表をゼミで行うので、今そのレジュメを作っています。久しぶりに徹夜かなぁ。あ、でも明日朝から学校行く用事があった。早く起きなくちゃいけないね。

ところで、クレジットカードの請求が5万来てます。はい、思いっきり払ってません(爆)

まぁ、よく滞納してはいるものの、ちゃんと支払いはしていたから、全く問題ないだろう…と思っていたのに、いつの間にか私の心証が低下していたらしく、14日までに何とかして払わないと、なんかリストに載るそうで。しかも、支払いは銀行振り込みか、もしくはサービスカウンターでの支払いしか受け付けてくれないらしい。

激しくめんどくさい…。

遅れながらも、ちゃんと払ってるじゃんかよぉ!!でもね、その時のカードのお姉さんの印象が悪いのよね。電話がかかってきて、その旨を聞いたんだけど、カード会社にあるまじき雑な対応な気がする。

カード姉さん「14日までに支払いができないようでしたら、リボはいかがでしょうか?」 私「はぁ…でも、それって手数料かかるんですよね?手数料はいくらなんですか?」 カード姉さん「手数料ですか…?あ、少しお待ちくださいね。えぇっと。…(しばし時間が流れる)…600円程度でしょうか?はっきりとは手続きを踏まないとわからないですが。」 私「は?…(何言ってんのこの人。それがサポートする立場なの?)……まぁ、いいです。で、リボって具体的にいくら、分割になるんですか?あと、手数料をはっきりさせてほしいのですが。」 カード姉さん「はい、あ、じゃあ一旦こちらで計算致しますので、また再度お電話かけてもよろしいですか?」 私「(…というか、リボ払い勧めるなら、前もって計算くらいしておけよ。なんだこの会社…) はい、どうぞ。」

-----再び電話がかかってくる-------

カード姉さん「えっと、とりあえず14日までに一万の支払いで、カードは有効になりますね。」 私「あ、とりあえず一万支払えばいいんですか?」 カード姉さん「はい。」 私「で、手数料はいくらかわかりました?」 カード姉さん「え、はい、それは先ほど申し上げましたとおり、600円程度かと…はっきりと決まったわけじゃないので、断言できないのですが…」

って、おいおい、君、なんで計算してこないんだよ。金利とか決まってるだろう?つーか、リボ払いについても、今後の支払いの仕方について詳しく聞こうと思っても、全くちんぷんかんぷnだったし…。だめだ。こりゃ。

その後、リボ払いへの切り替えを再度進められたけど、意味わからんまま切り替えしたくないので(どうせ払うにしても)、サービスカウンターまで直接いってリボ払いに変更することにしました。ほんとアホか。 まぁ、そこで、払ってないおまえが悪いんだろう…という突っ込みはなしの方向で(苦笑)

最近やることが増えてるので、頭がパンクしそうです。ノートンさんもあと2日で期限切れなので、早く更新しないと。 って、あ!今日そういえば実験プログラムやらなくちゃ!!!! あぁーーめんどくさ。