読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

映画『めぐり逢えたら』レビュー

映画 備忘録
「めぐり逢えたら」
「めぐり逢えたら」
posted with amazlet at 08.08.24
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-09-26)
売り上げランキング: 31098
おすすめ度の平均: 4.5
5 今夜、あなたにめぐり逢う
3 メグだからこそ許される…。
5 Hanks and Ryan together again
4 秋の夜長にどうぞ
5 運命とのめぐり逢い

ずいぶん前(何年も前)に叔母から薦められてた映画をようやく鑑賞です。

自分の期待していたほどではなかったにせよ、楽しめた映画でした。『ムーンライトマイル』の後だったから…というわけでもないが。

よくよく考えると「おおい、メグ何やってるんだよ!それ職権乱用だからw」とか「急に惚れるなや。サム(トム・ハンクス)」とかいろいろ突っ込みどころ満載なんだけど、そんなきつーーい突っ込みをすべて一蹴するのは、子供のジョナのパワーだったりする。いや、かわいすぎる。ジョナを見るためにこの映画を見たといっても過言ではない! あのハイエナみたいな声で笑う女といちゃいちゃこくパパを見て「ああ!キスした!あのアバズレ女にパパがはめられた!」とか電話でラジオDJに訴える様はかわいすぎて、萌えた。

メグもトムもキュートですが、一番キュートなのはキューピッド役でもあった、子ジョナなのです。トムの演技が冴えてるのも子供と絡む場面ばかりでしたしね。コドモには誰もかなわない。