読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

なかなか見ごたえのある夢を見た

備忘録

今日も例のごとく、寝かしつけしながらそのままスヤピーだったわけだけど、変な夢のせいで、丑三つ時に起きる羽目になったので、備忘録。


ある暗めの女子高校生Aが、男性教師にレイプされてた。男性教師は、Aとのもみ合いによりブロックの角で頭を打ってて死んでた。 その事後状況を、同じく女子高校生である私と友人(架空)が発見。

その時Aとは友達でもなんでもなかったが、「あいつ信じられないよね」「気にする事ないよー」と慰めと同情で一緒にいることに。

しかし、どうもこのAがおかしい。 普段注目されないのに、皆の優しさを一身に受けて調子に乗ったのか分からないが、その性格の悪さが露呈してきた。

いろいろあったと思うんだけど(忘れた)、見限る要素になったのは、以下の一件。

Aと同じく、その男性教師にレイプされた被害者Bがいたんだけど、その子には彼氏がいたのね。レイプ事件はAに関しては周知されてたけど、他の被害者の事は内緒にされてて、彼氏はBのことは知らなかった。 そこで、A、なにを勘違いしたのか、もともとBの彼氏は自分に気があったと思っていたらしく、今現時点で、彼氏に愛されているBに嫉妬し、「あんただって、あいつにヤられてるのにね。」って彼氏の目の前で暴露。

ちなみに、この時私はその場にいたんだけど、Aがそういう事言いそうな雰囲気を察知して(お前、まさか…さすがに、まさかだよな?それ言ったら…)とか思って様子を見てたら、ほらやった!!みたいな心持ちだった。

当たり前だけど、Bはものすごいショックを受けててた。Bの彼氏は、処女だと思ってた彼女が純潔を失ってたことに多少動揺してたけど、「ちゃんと警察に行こうな。一緒にいるから」みたいな感じで(ええやつや)、Aの目論見はあっさり失敗に終わる。

この一件の後、結局Aは非難の対象となり、孤立しがちになる。私も、もうこいつはダメだ。と思って、友人*1に相談すると、「もうあんなやつほっとけ。」と諭される。それで、関わりを持つのをやめようと思うんだけど、私の周りのもの(例えば、図書館の本とか、衣類)がいくつか紛失してる事に気づき、なぜか、その仕業はAだと確信していた。めんどくせえな。と思いつつ、もう一回Aと対峙する事になるんだろうな…と漠然と思う。

その日の帰り道、夜道(地元の小学校脇の道だった)を歩いていると、前方にAを発見。追いついたので「◯◯と△△(紛失したもの)知らない?」と聞く。知らないと言うので、嘘こけと思いながらも一旦流し、ついでに「もう、ほんとにああいうことやめてね。もっと周りを大切にして」と苦言をつたえつつ、追い越した。

私の方が歩くスピードが速かったので、どんどん距離を引き離していくんだけど、歩きながら「私が、あの時(暴露事件)の時何としてもAを止めればよかったんだろうか…」とかいう考えに耽っていると、気づけば街灯も全部消えてあたりはまっくら(月明かり程度)。

これはやばいと思って後ろを振り返ると、案の定Aが貞子化してて、高速で一直線に距離を詰めてくる。逃げたとしても一瞬で追いつかれるスピード。というか急には止まれそうもないヤツのそのスピードを逆手にとって、カウンターパンチを顔面に食らわせてやろうと腕を振り上げた。


というところで目が覚めました。

描写は割と端折りましたが、私のこの手の夢ってすごくリアルでどういうところをどうやって歩いたとか、カバンをどう見たかとか、どんな風に座ってたかとか、かなり細かい設定がありますが、文才がないので表現できず。

男性教師が死んでてもスルーだったり、Bの彼氏がショックを受けたポイントが『彼女がすでに処女じゃないこと』って処女厨設定になってるあたり、私の潜在意識がやべーなって思います。

あと、最後のオチwww

我ながら秀逸。

やたらに長い夢で、前半部もあった気がするけど忘れた。 あと、所々で夢の中でもパズドラやってて、最近、手に入れたイルムパをどうやって完成させればいいか悩んでたりしてた。どんだけだよw

どうでもいいけど、この夢で目覚めたおかげで、すでに洗い終わった洗濯物を干せた(寝続けたら、そのまま洗濯機の中に朝まで放置だった)し、食洗機もかけれたし、歯も磨けました。

ありがとう。貞子化したA。

*1:小学校時代の友達、まいこちゃんだった。小学校卒業以来会っていないのに…