読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

フリーランスは自分で意識的に新しいことにチャレンジしていかないと成長が止まる

雑感

私はフリーランスなので、産前10ヶ月ぎりぎりまで仕事をし、産後2ヶ月から早々に復帰しました。といっても子育てがあるので、そんなにハードには仕事は受けず、せいぜい月に5人日くらい。仕事内容は…というと、産前はメディア構築のPMとして動いてて、私が子をリリースするタイミングと同じくらいに手がけてたメディアもリリースされたので、今その運用支援周りでお手伝いさせて頂いてます。

子育て+家事しながら5人日捻出するのって結構大変。たった5人日でかつ細切れな稼働だとやっぱり動ける内容も限られてしまう。お客さん目線でのコストパフォーマンスを考えると、私が現時点でもっているスキルを提供するのが一番効率よいのですよね。結果的にPMとかディレクション周りになるんだけど。

そんな中、どうしても分析周りで私が実作業したほうが早いっていう事案があって、この前久しぶりに、エクセルをちゃんと使った*1。いろんなところからデータ集めて、VLOOKUP関数とか使って統合して、ピポットとか使って集計して。みたいなことをやった。久しぶりで楽しかった。

楽しかった…けど、まぁこれもよくやってた仕事だったわ。久しぶりなだけで新しくもなんともない。

そこで思ったのが掲題の内容。フリーランスやりながら自分も成長したいなら、稼働外の時間で新しいことにチャレンジしていかなくちゃダメなんだなって。

今思えば、会社員時代はすごい恵まれてたなぁと思う。お給料もらっていろんなことやらせてもらってたもん。私は新規事業に携わることが多かったからだとは思うけど*2。ほんといろんなことやってたわ。構築ディレクション、運用ディレクション、広告運用、事業戦略、マーケティング戦略、事業企画、サービス企画、マークアップ、プログラミング、などなど。若干、器用貧乏的になってしまった感もあるけど、お給料もらって新しいことにチャレンジできるってこんな幸せなことないよな。会社的には未来投資の位置づけなんだろうが。

フリーランスになった今、試行錯誤することをコミコミで稼働を買ってもらえるなんていう(私にとっての)神案件があるのだろうか…と思うけど、そんな仕事あったとしても受け入れられる度胸ないわ。だって、そういうのって、完全成果型のフルコミット案件だもんな。だったら社員にならんと。

このままフリーランスを続けるにしても会社員に戻るにしても、そろそろ自分のコア・バリューみたいなものを作っていかねばならぬな…とそんなことを心の片隅に置きつつ、今は子育て+家事を優先して頑張ります。コア・バリューにはならないんだけどさ、「子育て+家事をやりつつ仕事もする」っていうスタイルをやりこなすことができたら、それはそれで、なかなかのスキルアップだと思うんだよね。

逆に、子育てしながらのプログラミングは無理。この前アプリ開発の続きをしようとしたら、全然ダメだった。クリエイティブ系の特に実作業系の仕事はホントまとまった集中できる時間がないとダメだよなー。

と自作アプリの開発が止まってることに対する言い訳で締めくくっておきます。

*1:相変わらずエクセルはUTF-8対応してなくてイラッとしたわー

*2:似たような仕事をやらされ続けて飽きちゃって仕事辞めてる人もいたから