読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

【子育て】ママじゃなきゃ寝かしつけができないなんてことないよ。たぶん。

うちでは、りんをお風呂に入れるのが夕方くらいなのだが、その後の家事タスク消化の関係で、りんと一緒にお風呂に入った方が、そのまま寝かしつけ担当になる事が多い。

ところが、最近、りんの寝ぐずりがひどくて、この寝かしつけがなかなかうまくいかない。特に、夫はギャン泣きされがちで、ちょっと苦手意識があると思う。昨日はさらにそれを助長するような出来事があった。

昨日は、りんをお風呂に入れようとする夫に「寝かしつけもおねがいする事になっちゃうけど、大丈夫?」と確認した。その前の日も寝かしつけに失敗してたギャン泣きされていたからだ。
「大丈夫だよ」と言うので、連日、夫がお風呂に入れることになった。その後、夕飯を食べ、家事を一通り終わらせた私は寝かしつけを夫に頼んでお風呂に入ろうとした。
すると、夫が「なるべく早く戻ってきてね」と不安げに一言。
「え?なんで?」と私。
「抱っこしての寝かしつけにヘトヘトになってると思うから」と夫。
「いやいや、何言ってんの。なんで代わってもらう気まんまんなの。私が寝かしつける時には、あなたにゆっくり風呂に入ってもらってるでしょ。まぁ、早めに出るようにするけど、あなたも寝かしつけを最後までやり切る努力をしようよ。」と叱咤して風呂に入った。
お風呂に入りながら、(前の日に泣かれたことがトラウマになってるな〜どーしたもんか。)と考えていたら、りんのぎゃん泣きの声が聞こえてきたので、急いでお風呂出て、髪も生乾きのままでりんのもとに向かった。すると、ああ!なんということ!

私が来て、横に添い寝した途端、泣き止んで満面の笑みでキャッキャし始めちゃうりんさん…。

「これはまずい!」ってかなり焦った。懐かれてるうれしさよりも焦りの方が大きかった。むしろ「バッ、おま、ここはもう少し泣くところだぞ。頼む!もうちょっと泣いてくれ!」とか思ってた。日中ずっとママと一緒にいるんだから仕方がない気もするけど、これじゃ、パパ落ち込んじゃうーってね。案の定、ベッドの隅でしょんぼり小さくなっている夫。

とはいえ、寝かしつけが私にバトンタッチされた後も、

こんな感じで、結局、なかなか寝なかったんだけど。

寝かしつけた後、それとなーく夫の様子を伺ったら「さすがママだね…」みたいな事をしんみりと言うから「いやいや、私の時にも結局泣いてたじゃん」と答えたら「おれの時より泣いてる時間少なかった。」って。やっぱりスネてた。

このままでは、夫が全く寝かしつけをしなくなってしまう。まずい!なんとか、りんを寝かせるコツをみいだして、実践させて、自信をつけてもらわないとなぁー。と、考え中。

自分が楽したいだけです。はい。