読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

【小説】乙一『死にぞこないの青』を読んだ

備忘録 読書

久しぶりに小説読んだ。サクッと読めるものってことで乙一作品より『死にぞこないの青』を。

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

教師&生徒のスケープゴートにされるマサオの話。乙一だから、分かりやすいいじめ表現とか無いんだけど、それが逆に陰湿極まりなくて、余計に胸糞悪くて、前半は結構キツかった。描写の部分ほとんど飛び飛びで読んだ。まぁ、主人公自体にもイライラしたけど。

でもそこは乙一作品。最後はきっちり反逆してくれるんだけど、これまた分かりやすい逆襲劇じゃないんだな。ただ、この展開はすごく好みだった。

最後は、先生の弱さを受け入れる主人公。これは、優しさからではない。そう、どこか冷めてるの。「ああ、人間ってこんなもんだよな」という感じ。この雰囲気が乙一作品独特だなぁと思った。

huluで映画版が配信されてるから、見てみたけど、映画はつまらなかったなぁ。Xcode触りながら横目で見てたせいもあるかもしれないけど。主人公は、ALWAYS 三丁目の夕日の子だった。すっごい背が伸びてかっこ良くなってた(だからこそ、マサオっぽくはなかったけど)