読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

『パソコン』『マック』という呼称–Mac CMの意味に初めて気がついた

戯言

最近、MacがTVメディアでCMを流し始めましたよね。そう、ラーメンズを起用した漫才(?)CMです。 私はあまりこのCM好きじゃなかった。洗練されたデザインが特徴のMacにしては、どうも凡庸すぎな感じがしたのですが…。

私の先生はMac狂で、うちの研究室のPCはすべてMacで統一してあります。 で、今回のこのCMのことが研究室の先輩との間で話題になったのね。

このMacのCMってパソコン(Windows)を小バカにしているような様子をCMで堂々と流しているのが日本ではセンセーショナルかもしれない。でも、どうしても一つわからないCMがあったのです。そのCMはニックネームに関するWindowsMacとの違いを示したCMなんだけど

このCM、パソコンはWindowsを隠喩してることはもちろんわかるのですが、結局何が言いたいのかわからず、私が上のCMを『意味わかりません…全然よくないですよね』とつぶやくと、先輩が「あれは、すっごい皮肉じゃないか?」というので、え?とその理由を聞いてみたんです。つまり、このCMの大意は 「職場でパソコン(Windows)、プライベートでMacということは、つまり、職場だからしょうがなくWindowsを使用してるだけで、自分のプライベートで使う際にWindowsなんて使う気はさらさらない、皆プライベートではMacを使いたがっている。」 って意味らしいです。うーーーーん。全然わからなかったorz

先輩はその後「でも、あんなCM流していいのかねぇ…完全にWindowsを貶めてるじゃん。両方とも海外の会社だからいいの…か?」とつぶやいていましたが、たぶん、シニカルな表現がかっこいいとされる米国のスタイルがそのままMacCMでは出てるのかもな…と思った。アメリカンジョークって時々笑えないけど。