読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

就活友人来客

日々是好日

今日は、就活で知り合ったBOYが北海道に来るという電話が昨日来たので相手してあげました。(実は、ずいぶん前に札幌に来るというメールが来てたみたいなんだけど、私がアドレスを電話帳登録しておらず、誰だかわからなかったので、スルーしてしまっていたことは内緒。) 彼が札幌ドームで野球を見た後に、ご飯を食べようということでスープカレーのお店を紹介してあげた。

『で、何しに来たの?』札幌に来た目的を聞くと 「野球見に来ただけ。でも負けちゃった(笑)」と行っていたので、ふと見ると、ちょっとそこまで遊びに来ましたーー的な格好と荷物。 『え?羽田から来たんだよね?で?帰りの便は?』と聞くと 「決めてない。」 えええーーーーーびっくり!男の子ってすごいわねぇ。こういうことができるのか。 私だったら、化粧品に下着、それにあれ、これ、それ………絶対に無理だよなぁ。

どうやら、泊まるところも特に決めてないらしい。漫喫に行こうとしてたみたいだけど、漫喫の一夜では疲れがとれないことは、就活の時に知っていたので 「どうせならうちに泊まれば?………ただし絶対ヤらせないけどね」 というわけで、うちに泊めてあげました。

就活中も、コンサルとか人材派遣系を受けてた彼でしたので、本当によくしゃべるしゃべる。別に話を聞くのは苦痛じゃないんで、そのまま聞いていたけど、そうとう、やんちゃBOYっぽかった(笑)ギャル男じゃないっていってたけど、やってることはまんまギャル男だろう!!とw 「女なんて!」「女なんてすぐヤれる!」 的な女性を軽視した発言がよくあったけど、まぁ、実際は繊細で好きな女には一途なんだろうな。と聞いてて思った。

布団があるので、私はベットで、彼は下の布団でって感じで寝ながら恋愛とかの話を続けてしてた(というより、聞いてた)。普通ならそういう類の話をするとムードが出るもんなんだろうね。彼は結構雰囲気作りがんばってた(というか甘えたかった)みたい。なんとか一緒に添い寝しようとしてたし。 でもごめんね。お姉さん、そういう攻撃、割と慣れてるの。 それを上手に牽制。上手に牽制っていうより、割とストレートだったか(笑) 今思えば笑える一連の会話

私「もう眠いから寝るよ?もうしゃべらないでいいよ。だからベットから降りなさい。」 彼「やだ、もっとしゃべろうよ。寝るのはベットがいい。」 私「明日学校あるし、私はもう寝たい。じゃあ、私がベットから降りて下で寝るね。」 彼「一緒に寝ないと寝れない。何もしないから」 私「眠れないなら、睡眠薬あげるから、無理矢理寝なさい。寝ないと本当に薬つっこむから」 と言うとしぶしぶ、下に降りていきました。

うむ。可哀想だねw私、眠いのにしゃべり続けるからイライラしてたのかもしれないw私は恋愛対象外の方には、微塵も性欲が沸かないのでしょうがない。どんなに自分が寂しくて心弱ってても、最後の行為に至らないのだとしても、好きでもない人と抱き合うとか甘えるとかも絶対に無理。普通の人はそうだよね?

これが泊めてあげただけで、恋心燃え上がるようなウブなBOYだったら問題だけど、彼はそういうタイプじゃないから大丈夫でしょ。早くいい女をみつけなさい。ってか、すすきの行くって言ってたような。その年で風俗遊びを覚えるな。とw