読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生にイエスと言う

もう、ただの日記だに

マジな仕事と家の仕事を両立するのは難しい

昨晩0時に、運営してるサービスでちょっといろいろあって、対応で明け方8時(もう明け方でもなんでもない)までかかった。わぁー今日、天気いいなーって思いながら、眠りについて、でも、11時くらいに起きた。洗濯物を干す夢で起きた。

そしたら、彼も起きてて、お腹すいたーって言われて、あーそうだねー。みたいになったんだけど、その前にシャワー浴びてくるわー。ってシャワー浴びながら(はー、今から、昼ご飯作って、洗濯物干して、部屋の掃除して、チャチャのかごの掃除かーって…あれ?私、3時間しか寝てなくない?)って気づいて、若干暴動を起こしそうな気分になった。ってか、グダグダをちゃんと言った。ひとしきりグダグダ言ってストレスを発散させおちついた後、彼が「作ろうか」と言ってくれたけど、私が作った方がおいしいので、断った。男性をキッチンに立たせると、「あれはどこだ?」「これはどこだ?」と聞いてくるので、逆に面倒だったりするのです。

ふと、母が昔、「一日でいいから、誰もいない、誰の面倒もみなくて済む場所に行きたいわー。」って言ってたのを思い出す。と同時に「家の事が疎かになるようだったら、多分お父さん(私の父)は、仕事を続けさせてくれない。私は仕事をしたいから、家の事もしっかりやるのよ。」と、5時に起きて朝の新聞配達をし、10時までにご飯と家の掃除と洗濯を終わらせ、会社に出社し、夕方帰ってきて、家のご飯を作り家族と一息ついたあと、21時くらいから近くのレストランの厨房にアルバイトに行っていた(喫茶店を経営するための修行をしていた)母を思い出す。改めて、母の偉大さを知る。